疲れ目の原因は、大きく分けて4つあります。 ・目の酷使 ・視力の低下 ・病気 ・メガネやコンタクト 疲れ目で最も多い原因は、目の酷使です。 パソコンやテレビ、本などを長時間見ていると、目に疲れが溜まっていきます。 これは、目がピントを合わせようと頑張ってしまうために起こるのです。 そして、同じように、視力が低下してしまうと目がピントを合わせるのに必死になるため、目の疲労度が高くなってしまうでしょう。 また、白内障や緑内障といった病気が原因で、目の疲労を感じることもあります。 特に白内障や緑内障といった病気は、中高年に多い目の病気なので、この年代の方は気をつけてください。 最近では、目が乾いてしまうドライアイという病気で、疲れ目に悩まされるケースも多いです。 メガネやコンタクトといった矯正器具が合わないのも、疲れ目の原因になるので、合わなくなってきた場合はすぐに作り変えた方が良いでしょう。 疲れ目は、このようなことが原因で引き起こされるので、注意してください。